HOME>ホットトピックス>太陽光発電とセットで導入されることが多いのが電気を貯める設備である

環境に優しい

屋根

蓄電地は太陽光発電などで発電した電気を蓄えておくための設備で、必要な時に電気を取り出して使用できるようになっています。群馬でも蓄電地は太陽光発電とセットで導入されることも多く、太陽光発電を導入する一般家庭が増えるとともに蓄電地を家庭に設置する家庭も増えているのです。群馬でもこうした家庭は増えており、新築する時に太陽光発電を導入するとともに蓄電地も併せて設置されています。蓄電地を設置すると、災害時に備えることもでき、停電になっても家庭で電気を使えるというメリットもあります。

太陽光発電とセットで導入される

群馬でも太陽光発電の増加とともに蓄電地を設置する一般家庭の数は増えており、環境フレンドリーなエネルギーを利用しながら毎日の生活を送る人が多くなっています。この点は地球環境という点でとても重要なことですし、節電や省エネに対する関心も高まっていることを示しているといえます。ただ、蓄電地を設置する場合、ある程度の屋外スペースが必要になりますので、建築の段階から設置場所については検討しておく必要があるでしょう。このように、蓄電地は一般家庭で太陽光発電とセットで導入されることが多いという特徴があります。