外壁の塗り替え時期とは

男性作業員

マイホームの購入は一生のうちでそう何度もあるものではありません。購入したマイホームを大切にしてそこで住み続けるためにはメンテナンスも必要です。しかし、この場合のメンテナンスはなにも建物自体だけのものではなく、それ以外にもメンテナンスが必要な部分も多々あります。その一つが外壁です。住いの外壁には大切な働きがあります。それは見た目の美しさを演出することもそうなのですが、実際には住まい自体をいろんな危険が守る役割もあるのです。そのために知らないうちに劣化していたということもあります。新しく建てたばかりの外壁に使用されている塗料は、大体5年前後で寿命がきますので塗り替えが必要です。この時期に塗り替えをしなければ、以後、住まいを守ることができなくなってしまいますので、建物自体が危険にさらされてしまうことも大いに考えられます。外壁塗装を完璧に行うためにはオンテックスがおすすめです。

見えない外壁の劣化には外壁塗装が有効

住まいの顔となる外壁はやはり見栄えのあることが望ましいのですが、実はその役割には住まいを守るための重要な働きがあるのです。たとえば、さまざまなところで深刻な問題となっている紫外線というものがあります。住まいの外壁はこの紫外線から建物をしっかりと守る役割もしているのです。紫外線だけではありません。台風の季節に多い強い風や雨からも住まい全体を守っています。そして何よりも外壁は家を美しく見せるための景観美にも貢献しているのです。この外壁は見た目には丈夫でなんの弱点もないように見えてしまいますが、実は見えないところで劣化が進んでいるケースも少なくありません。それは素人の目では判断することが難しく、やはり専門の職人に検査してもらうことが重要でしょう。外壁を安全に保つためには外壁塗装がもっとも有効になります。外壁塗装ならオンテックスがおすすめです。

自社職人の専門教育施設を持つ塗装工事会社

多くの人が知るように、紫外線が人体に有害だということは有名な話です。しかし、この有害な紫外線が及ぼす悪影響はなにも人体に限ったことではありません。住まいを守る外壁にも多大なダメージを与えてしまうのです。また、雨を防ぐ役割もこの外壁にはありますが、酸性雨は外壁を腐食させることもあります。見た目にはなにも変わらない外壁ですが、実は見えないところで劣化が進んでいるのです。外壁は住まいをより美しく見せるための役割もあります。年数を経た外壁は必然的に色合いが悪くなったり、外壁自体がひび割れてしまうこともあるのです。また、カビや藻の発生も大いに考えられます。こうなってしまうと住まいの大切な景観も損なってしまうでしょう。外壁塗装にはそうした劣化を防ぐ大切な意味があるのです。オンテックスはさまざまな事業を展開している会社ですが、この外壁塗装に関しては大いに信頼できます。塗装工事会社としては日本で初めての自社職人の専門教育施設を設立して、質の高い技術力を持った職人ばかりが揃えているのです。